左に少しフックする球

左に少しフックする球

新宿などのゴルフ練習場では、打席のすぐ横にネットのある両端の打席は打ち出す方向が限定をされるので、敬遠をどうしてもされ本気ではないでしょうか?
けれど、スライサーやフッカーにとってはこの両サイドの打席でのトレーニングが非常に利用価値が高いです。

逆にフッカーの場合はこの反対の練習をする方法をすることが、効果的にゴルフトレーニング場を使うことができます。

すぐ右にあるネットをOBラインや池などに見立てて、けしてネットに当たらないみたいに打ってみましょう。
意識をそうして何球も打っていくうちに、スイングの良し悪しは別として、しだいに「右に曲げないコツ」のようなものがわかってきます。

それは人により違いはありますが、スタンスだったり、ボールの位置を右にちょっと寄せる事だったり、テイクバックの方向を合打ちサイドにすることだったりなど、ばらばらかもしれまれんがまるで問題ありません。

まずスライサーの人は右端の打席に立ってゴルフ練習をやりましょう。

このトレーニングの手段では、自分なりの「絶対に右に曲げない打ち方」というものを発見することに大きな意味があります。
そしてモチロンそのうち方が身に着けば、それがコースでは間違いなく大きな武器となるでしょう。