前後のプレーヤーに注意

前後のプレーヤーに注意

想像もつかない高値で練習してるかもしれません。
練習場を選択する上で、特別重要視したいのが、1球あたりの値段。
大抵のゴルフ練習場では、1球あたりの値段を明示しています。
まとめて買ったほうがおとくなので、この辺は行きつけのトレーニング場を決める優れた点といえそうデス。
プリペイドカード式の練習場は、購入のカードが高額ならあるほど、1球あたりの価格が安くなります。
200ヤードを超える距離がある事、アプローチ練習場など練習の施設が整っている事、レッスンが充実している事などを重要視するケースもありますが、あれもコレもと欲張っても、活用できない可能性大だからです。
続けて練習するには、やはり決まった新宿などのトレーニング場に通うのが吉。

説明がない場合は、プリペイドカードの値段/球数で、1球あたりの値段を計算してみましょう。
1球あたりの値段は、平均すると10円前後。
新宿などのトレーニング場次第では、限定で時間1球あたりの料金が安くなるモーニングサービスや、定額での打ち放題サービスを実施してるところがあるので、積極的に活用をしましょう。

実際の練習では、繰りかえしボールを打つので、価格を低く抑え、その分練習したいもの。
同じ場所で練習することによって、飛距離アップや方向性向上など、自分のレベルアップの度合いがわかりやすくなり、トレーニングにも力が入ります。
都内では、土日1球38円というトレーニング場もあります。