ドライバーをいきなり持って練習する人

ドライバーをいきなり持って練習する人

まずvなどのトレーニング場の選び方ですけど、左右にネットが迫っているような場所より、開放感があるところを選ぶべきです。
打席は四角い人工芝が敷いてあり、その1辺が体を正体させるための目安となる線となります。
はじめは右へのスライス球が多く出るかもしれませんが、新宿などの練習場のボールはコースで使うボールと比べるとやわらかいので、スライスとは反対の、左に少しフックする球を打つみたいに努力をしてみてください。

初心者のゴルファーは、その線にばっかり気を取られ、大切なボールの落としどころである目標にたいしの意識がない事が多く、目標とアドレスの結びつけが賢くできないままボールを打ち続ける傾向があります。
もし、その初心者ゴルファーが練習場を選べる環境にあれば、そういったトレーニング場を避けて、その日の風向きに応じて練習場を選ぶのがベストです。
また初心者のゴルファーは、自分の打席がどこに向いていても、奥のネットの支柱など、目印にしやすいところを目標に取りガチンコデス、体は右をむかいているのに、左に目標を取ってしまうなど、ねじれた状態での練習は、よくない癖を刷り込む原因にもなりますからやめましょう。
打席を選択する時に、正面のネットにたいして、真っ直ぐに正体してる打席かどうかも気にするといいとおもいます。コレはトレーニング場の質によってもことなりますが、5番打席は左に振ってあって、6番打席は右にズレている、・・・などということはなかなか多い事実です。
スイングを壊すのみです。
アゲインストの風が強い立地や、左から吹くスライス風の強い立地でのトレーニングは、初心者ゴルファーにとって、良いことは何もありません。