ゴルフ練習場を効果的に使う

ゴルフ練習場を効果的に使う

大声や笑い声は絶対にやめましょう。

また、ケータイ電話もマナーモードにする事が必須です。

子供を特に同行してゴルフトレーニング場に行く場合、常に目を離さないみたいにしましょう。
建物や設備が古くても、そこに通うゴルファーにとっては、神聖な場所デス。
ボールを自動的に回収をする機械など、不用意にふれるとケガをする事もあります。
電話で話すときは、周囲に気遣いつつ小声で話すようにして、緊急でなければ、打席を離れて折り返し電話をいれるようにしましょう。

新宿などの練習場では、ほかのゴルファーの練習の邪魔にならないみたいに心がけましょう。
お互い気持ちよく利用することが、ゴルファーとしての矜持です。

それに、打席以外での素振りや、いくつもボールを並べて打つ、2一緒に球を打つなど、トレーニング場で禁止されてる危険なプレイは、ゼッタイにしないように注意しましょう。

新宿などのゴルフトレーニング場は、楽しく真剣にゴルフの練習する場所です。
レジャー施設ではないため、大騒ぎしないようにしましょう。当然、危険な行為が許される場所でもありません。
危険な場所には近づかないみたいにする事も大事です。
本人は、他愛もない世間話をふつうの声の大きさで話してるつもりでも、周囲のゴルファーからすると、迷惑な存在でしかないのです。
グループでよくトレーニングに来たプレイヤーが、冗談をいいあいつつ練習をしてる風景を目にしますが、控えるみたいに心がけましょう。